福島県沖で漁獲、すべての魚介類が初めて出荷可能に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国の原子力災害対策本部は25日、福島県沖で漁獲されるコモンカスベ(エイの一種)の出荷制限を解除した。これにより2011年3月の東京電力福島第一原発事故後、県沖の全魚介類が初めて出荷可能となった。出漁回数を制限するなどした試験操業が12年6月から続いており、本格操業再開に向けた議論が活発化する見通し。

 原発事故後、国は県沖の魚介類のうち、放射性セシウム濃度の検査で基準値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超えた44種類の出荷を制限。検査で安全が確認された魚介類から順次解除してきた。

 コモンカスベは、昨年1月の検査で基準値を超えたため、出荷が制限されていたが、今年2月までに調べた1008検体がいずれも基準値を大きく下回ったことから安全と判断された。

 一方、第一原発構内では、汚染水を浄化した処理水をタンクで大量に保管。22年夏に限界を迎える見通しで、経済産業省の有識者会議は今月10日、海洋放出と水蒸気放出の2案を政府に提言したが、県内の漁業関係者は海洋放出に反対している。

無断転載禁止
1071913 0 経済 2020/02/25 22:41:00 2020/02/25 22:41:00 2020/02/25 22:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ