アルコール消毒液、通常の2倍ペースで増産中…転売目的の買い占めで品薄に拍車

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、アルコール消毒液の需要が急激に伸び、各地で品薄状態が続いている。受注が通常の10倍に膨れ上がっているという「健栄製薬」(大阪市)の松阪工場(三重県松阪市)はフル稼働状態で、通常の2倍の1日10万本ペースで生産に追われている。

フル稼働で増産されている消毒液(三重県松阪市の健栄製薬松阪工場で)=中根新太郎撮影
フル稼働で増産されている消毒液(三重県松阪市の健栄製薬松阪工場で)=中根新太郎撮影

 医療現場が中心だった利用が家庭やオフィスにも広がり、転売目的とみられる買い占めも品薄状態に拍車をかけているという。同社は「本当に必要な人のため、転売や買い占めは控えてほしい」と呼びかけている。

残り:49文字/全文:411文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1074943 0 経済 2020/02/27 11:02:00 2020/03/09 19:07:58 2020/03/09 19:07:58 フル増産されている消毒液(25日午前10時19分、三重県松阪市の健栄製薬松阪工場で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200227-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ