マスク3倍相当の増産も品薄続き…メーカー3社に経産省の補助決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済産業省などは28日、マスク増産のための設備投資を補助する第1弾の事業者3社を発表した。国内メーカーは24時間体制で通常の3倍に相当する増産を続けているが、品薄状態は解消されておらず、官民一体で供給量の確保を急ぐ。

 事業者は、マスクを製造する「興和」、「XINS」、マスクに使うゴムひもの部材を製造する「ハタ工業」のメーカー計3社。補助事業は3月11日まで募集する。

 興和は最新の高速生産設備を導入し、3月第2週に生産・供給の開始を目指している。広報担当者は「急増する需要に対応したい」と話している。

 補助事業は今月13日に政府が緊急対策として打ち出した。国内の供給量を月4億枚から月6億枚程度に増産することを目指す。

 一方、経産省は28日、3月14日以降はインターネットオークションなどでマスクや消毒液の出品を自粛するよう、サイト運営会社に要請した。約2週間の猶予期間を設けることで、ネット上に在庫が放出されるよう促す。

 消費者庁はすでにサイト運営会社に高額転売などをしないよう求めているが、今回、さらに踏み込んで対応する。転売目的の買い占めを防ぎ、適正な価格で流通するマスクの量を増やす狙いがある。

残り:84文字/全文:611文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1078474 0 経済 2020/02/28 18:59:00 2020/03/07 18:42:00 2020/03/07 18:42:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ