楽天携帯、「大容量プラン」月額2980円…大手の半額以下

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天が、4月から開始する携帯電話サービスの通信料金のうち、動画・音楽の視聴など通信利用の多い人向けの「大容量プラン」を月額2980円とする方向で調整に入った。3日にも発表する。NTTドコモなど大手の半額以下に料金を抑えて攻勢をかける狙いだ。

 新たな大容量プランでは、月々の通信利用量に上限を設定しないことも検討中だ。また、楽天のネット通販や旅行予約サービスなどの利用でたまる自社ポイントを通信料金の支払いに充てられるようにする方向だ。次世代通信規格「5G」の拡大で通信利用の拡大が見込まれる中、通販や動画配信などグループ内サービスとの相乗効果を図る。

 国内の携帯電話市場は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手3社体制で、海外に比べて通信料金が高額との指摘があった。楽天が大幅に安い料金を示すことで、料金競争が活発化する可能性もある。

 もっとも、楽天の携帯電話事業は、基地局整備の遅れで、参入が当初予定の昨年10月から遅れた。当面は一部地域でKDDIの通信回線を利用する。昨年10月に始めた試験サービスでは通信障害も発生している。

無断転載禁止
1082265 0 経済 2020/03/02 14:38:00 2020/03/02 14:38:00 2020/03/02 14:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ