開店前から行列50人、ヨーカ堂に山積みの「トイレ紙」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大量に入荷され山積みになったトイレットペーパー(5日、東京都江東区で)=川口正峰撮影
大量に入荷され山積みになったトイレットペーパー(5日、東京都江東区で)=川口正峰撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で紙製品が不足するというデマが広がっていることを受け、スーパー大手のイトーヨーカ堂は5日、「イトーヨーカドー木場店」(東京都江東区)の店頭で、積み上がったトイレットペーパーを報道陣に公開した。大量のトイレットペーパーを見せることでデマを打ち消し、消費者の不安を解消する狙いだ。

 トイレットペーパーなど紙製品を巡っては、「マスクと原料が同じ」「中国から輸入できなくなる」といったデマがSNSで拡散。不安を感じて買いだめに走る消費者が多くなり、全国的に深刻な品薄状態に陥っている。

 イトーヨーカ堂によると、木場店では2月27日ごろから急激にトイレットペーパーが売れるようになり、品薄になった。ほかの店舗でも同様の状況が続いているという。

 木場店ではこの日、午前10時の開店前から約50人が列を作り、購入量は1人2個までに限った。担当者は「ほぼ毎日、トイレットペーパーを入荷しているので、安心してほしい」と話している。

残り:0文字/全文:428文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1089238 0 経済 2020/03/05 19:13:00 2020/03/07 18:05:36 2020/03/07 18:05:36 大量に入荷され山積みになったトイレットペーパー(5日午前10時10分、東京都江東区で)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200305-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ