新型コロナの経済的影響「リーマンより大きくなる」…元内閣官房参与

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元内閣官房参与の藤井聡・京大教授は5日、国会内で講演し、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な影響について、「(2008年の)リーマン・ショックより今回のほうが大きくなる」と警鐘を鳴らした。「消費増税で経済が冷え込み、そこに『コロナ・ショック』も来た」とも語った。

 藤井氏の講演は、自民党の若手議員らによる議員連盟「日本の未来を考える勉強会」(会長・安藤裕衆院議員)の会合で行われた。同議連は近く、消費減税などを求める提言を政府に提出する考えだ。

無断転載禁止
1089228 0 経済 2020/03/05 18:48:00 2020/03/09 15:12:57 2020/03/09 15:12:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ