【独自】楽天、送料一律無料の延期検討…新型コロナの対応に追われる出店者考慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネット通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が、今月18日から実施予定だった送料無料化を事実上延期し、対応できる一部の店舗から始める方向で調整していることが5日、わかった。新型コロナウイルスの感染拡大で出店者が対応に追われていることや、無料化方針に対する一部出店者の反発を考慮した。

 楽天は、楽天市場の1店舗で3980円以上の買い物をすると、一部地域を除いて一律で送料を無料にする計画だった。

 送料無料化を巡っては、公正取引委員会が、優位な立場にある企業が取引先に一方的に負担を押し付ける独占禁止法違反(優越的地位の乱用)に当たると指摘した。2月28日には、公取委が、東京地裁に緊急停止命令を申し立てた。

 三木谷浩史会長兼社長は、「店舗の成長につながるのであれば、公取委と対峙たいじしても必ず遂行する」などと語っていた。一部出店者はこうした意向に賛同していたが、新型コロナで対応に追われるなか、延期を要請する声も出ていた。

無断転載・複製を禁じます
1089811 0 経済 2020/03/06 05:00:00 2020/03/09 15:09:22 2020/03/09 15:09:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ