企業への影響、95%が「現時点ですでに」「今後可能性が」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京商工リサーチは5日、新型コロナウイルスの感染拡大による企業活動への影響についての調査結果を発表した。94.8%の企業が「現時点ですでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と回答し、ほとんどの企業に影響が広がっている実態が明らかになった。

 調査は3月2~4日に実施し、1万408社から回答を得た。2月7~16日に行った前回調査で、何らかの影響があるとした企業は全体の66.4%だったが、約2週間で大幅に拡大した。政府が小中学校の臨時休校を打ち出し、消費者らの自粛ムードが急速に強まっていることが背景にあるとみられる。

 産業別では、「卸売業」で96.3%、旅行業を含む「サービス業他」では94.5%の企業が「影響がある」と回答した。

残り:0文字/全文:325文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1089823 0 経済 2020/03/06 05:00:00 2020/03/07 18:03:36 2020/03/07 18:03:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ