日本のイメージ悪化・先行き全く見えない…中韓入国者制限、観光業者に衝撃と動揺

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大対策で、政府は5日、中国、韓国からの入国者に対する待機措置などを公表した。北海道では鈴木知事による2週連続の外出自粛要請が発表されたこともあり、道内の観光施設や飲食店に動揺が広がった。

 「外国人客の回復の兆しがない中で、追い打ちに次ぐ追い打ちだ」。大沼国定公園(七飯町)で遊覧船やわかさぎ釣りを運営する「大沼合同遊船」の川村吉弘常務(60)は、そう嘆いた。

 元々、中国人観光客に人気のスポットだったが、新型コロナウイルスの影響で、3月の外国人客は全てキャンセルになった。湖の解氷に伴い、4月中旬からは遊覧船の運航が始まる予定だが、川村常務は「先行きが全く見えない」とぼう然とした。函館ホテル旅館協同組合の遠藤浩司理事長(59)は「(入国者の待機は)日本のイメージを悪くする」と懸念した。

 中国や韓国のスキー客に人気のゲレンデを抱える倶知安町。個人客が中心で、1月下旬に中国政府が団体旅行を禁じた際の影響は限定的だったが、「個人での観光客まで制限されるとなると、影響は大きい」。倶知安観光協会の天沼清貴事務局長(39)は頭を抱えた。

 中国や韓国からの観光客が多い上川町の層雲峡の西野目信雄・観光協会会長(70)は「知事による『緊急事態宣言』などですでに影響が出ているのに、さらなる打撃。かき入れ時の夏までこの措置が長引けば、地域の経済がおかしくなる」と焦りを隠さなかった。

 一方、鈴木知事の外出自粛要請の影響を特に懸念するのは、旭川市内の飲食店経営者(57)だ。先週末に比べて要請内容は緩和されたが、大勢の人が集まる飲食店は依然として敬遠される可能性がある。2、3月の売り上げは例年の3割まで落ち込みそうで、「この状態が長引けば生活が困窮を極めることになる」と声を絞り出した。

 札幌狸小路商店街振興組合(札幌市)の島口義弘理事長(56)は「『怖くて人がいるところにいけない』と考える人が増えている」と指摘。今回の要請は、経済的な影響に配慮したとみられるが、「客足が戻ってくるとは思えない。我慢を続けるしかない」と話した。

 札幌市内の百貨店では、すでに先週末の要請の時点で、営業時間の短縮を決めており、再度の要請を粛々と受け止めている。18日まで営業時間を短縮する東急百貨店さっぽろ店の広報担当者は「先週末の来客は減ったが、平日になって若干増えた。今週末は人が増えてほしい」と話した。

無断転載禁止
1090059 0 経済 2020/03/06 08:26:00 2020/03/07 18:02:25 2020/03/07 18:02:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ