日立、ネットで就活座談会…学生「熱量が伝わるか心配」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インターネットを使って遠隔地にいる学生と話をする日立製作所の人事担当者(東京都千代田区で)
インターネットを使って遠隔地にいる学生と話をする日立製作所の人事担当者(東京都千代田区で)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日立製作所は6日、就職活動中の大学生との座談会をインターネット経由で行った。4月まで約700人を対象に行うほか、採用面接の一部にもネットを活用していく。

 座談会では2021年3月に卒業予定の大学3年生5人が、パソコンやスマートフォンを通じて、日立が学生に求める人材像などを質問し、日立の採用担当者が応じた。学生からは「リラックスして自分の良さを出すことができた」「熱量が伝わるか心配」などの声が上がった。

 就活の対面イベントなどは中止が相次いでいる。日立はこれまでも海外留学中の学生とはネットを使った採用活動を行っており、学生との対話の場を作るため、対面だった座談会もネット経由で続けることにした。

残り:0文字/全文:321文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1091400 0 経済 2020/03/06 20:51:00 2020/03/09 11:33:10 2020/03/09 11:33:10 遠隔地にいる学生とウェブを使って就職活動に関する話をする日立製作所の人事担当者(6日、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200306-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ