トランプ氏、新型コロナで景気対策検討…給与税の減税など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米国のトランプ大統領は9日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気対策として、給与税の減税などを検討していると明らかにした。10日に与党・共和党幹部と協議し、改めて記者会見を開くという。

 トランプ氏は、給与税の減税について「大規模だ」と強調した。このほか、中小企業向けや、打撃を受けた航空やクルーズ船、ホテル業界への支援策も検討する考えを示した。

 会見に同席したムニューシン米財務長官は、「経済を良くするためにあらゆる手段を使う」と話した。新型コロナウイルスの感染拡大の問題は「終わりが分からなかった(2008年の)金融危機とは異なる」と述べ、動揺が続く金融市場をけん制した。

残り:0文字/全文:318文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1098912 0 経済 2020/03/10 10:47:00 2020/03/10 11:54:50 2020/03/10 11:54:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ