三越伊勢丹、6店舗の時短営業を19日まで延長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三越伊勢丹は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、都心部の旗艦店などで実施している営業時間の短縮を延長することを決めた。当初13日までとしていた三越日本橋本店や伊勢丹新宿本店など6店舗の時短営業を、19日まで続ける。利用客や従業員の感染を防ぐためという。

 6店舗では2日から、平日は開店時間を遅らせるなどして午前11時~午後7時の営業とし、土・日曜は通常通りの営業としている。他の百貨店でも、高島屋が17日まで一部店舗で時短営業を実施する予定で、大丸松坂屋百貨店は店内の消毒などを行うため、今月の毎週火曜を臨時休業日に設定している。

無断転載・複製を禁じます
1100269 0 経済 2020/03/10 17:34:00 2020/03/10 17:57:36 2020/03/10 17:57:36

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ