15分で判定・精度95%、新型コロナ検査キット販売へ…中国から輸入

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

クラボウが発売する新型コロナウイルスの抗体検査キット(クラボウ提供)
クラボウが発売する新型コロナウイルスの抗体検査キット(クラボウ提供)

 繊維メーカーのクラボウは12日、新型コロナウイルスの感染の有無を約15分で調べられる検査キットを16日から販売すると発表した。提携する中国企業が開発した製品を輸入し、当面は研究・検査機関向けに販売する。

 微量の血液と検査試薬を専用の膜に垂らし、陽性かどうかを判定する。インフルエンザや食品の検査などに用いられる「イムノクロマト法」という手法で、中国での臨床試験では陽性か陰性かを約95%の精度で判断できたという。

 キットは10回分で税抜き2万5000円。クラボウによると、国内販売は初めてとみられる。

 現在実施されているPCR法は、検体に含まれるウイルスの遺伝子を増幅させる手法で、結果が出るまで約6時間かかっている。

残り:44文字/全文:486文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1104782 0 経済 2020/03/12 19:50:00 2020/03/12 23:37:06 2020/03/12 23:37:06 クラボウが発売する新型コロナウイルスの抗体検査キット(クラボウ提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200312-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)