読売新聞オンライン

メニュー

国内では「茨城空港」、海外向けは「Tokyo」入れて愛称案…「検索でヒットしやすい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学教授や航空会社の幹部らで構成する茨城県の茨城空港愛称に係る有識者会議が24日、県庁で開かれ、空港の愛称案について、国内向けは現状の「茨城空港」とし、海外向けは「Tokyo」を冠した案を軸に6案が示された。

 国内外を分けたのは、茨城空港の名称に県民の間で愛着や思い入れがある点を踏まえる一方、訪日観光客には茨城を地理的にわかりやすくPRする狙い。4月下旬からパブリックコメント(意見公募)を行い、海外向けは3案程度に絞って同会議が県に答申する。5月末までに大井川知事が愛称を最終決定する。

 会合後の記者会見で座長の戸崎肇・桜美林大教授(航空政策)は国際的な知名度不足が同空港の課題とし、「Tokyo」と「Ibaraki」が並ぶ案が三つに上ったことについて「東京の近くにあることを印象づけられる。検索でヒットしやすい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1127231 0 経済 2020/03/25 08:18:00 2020/03/25 08:18:00 2020/03/25 08:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)