シェアハウス不正融資、所有者が土地建物を手放せば借金帳消しに…スルガ銀

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 シェアハウス向けに不正融資を行っていたスルガ銀行(静岡県)は25日、物件の所有者257人に対し、土地や建物を手放せば借金の返済を帳消しにすると発表した。残る約1000人の所有者に対しても、要望があれば同様の対応を取るとしている。

 スルガ銀は所有者の収入証明書類を改ざんするなどして、シェアハウスの実際の評価額を上回る金額を融資し、不動産業者と連携して物件を高値づかみさせるなどしていた。スルガ銀は今回の257人に対し、計約440億円、平均で約1億7000万円を融資していた。

無断転載禁止
1128741 0 経済 2020/03/25 22:35:00 2020/03/25 22:35:00 2020/03/25 22:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ