ニュース

NYダウ3日続伸、1351ドル高…3日間で約4000ドル上昇

無断転載禁止

 【ニューヨーク=小林泰明】26日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比1351・62ドル高の2万2552・17ドルだった。上げ幅は過去3番目の大きさとなる。値上がりは3日連続となり、3日間の上げ幅は計4000ドル近くに上った。

 米議会上院が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う2・2兆ドル規模の経済対策法案を可決し、大規模な景気刺激策への期待が高まった。政府による支援への期待から、航空機大手ボーイングが13%超値上がりした。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が米テレビのインタビューで、状況に応じて市場への資金供給などを強化する考えを示したことも、投資家の安心感につながった。

 米市場関係者は「米国内の感染拡大など株価が下落する要素もまだ多く、下落傾向に歯止めがかかったとみるのは時期尚早だ。値動きが大きい状況が今後も続く可能性が高い」としている。

経済
ページTOP