日経平均終値、年度末3年ぶりの低水準…1万9000円割る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日経平均株価の終値が表示されたボード(3月31日午後、東京都中央区で)=松本剛撮影
日経平均株価の終値が表示されたボード(3月31日午後、東京都中央区で)=松本剛撮影

 2019年度最後の取引が行われた31日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は前日比167円96銭安の1万8917円01銭となり、前年度末から2288円80銭(約10・8%)の大幅な下落となった。年度末で1万9000円を割ったのは16年度以来、3年ぶり。

 19年度の日経平均は、米中貿易摩擦が緩和するとの期待から年末にかけて上昇し、昨年12月には2万4000円台をつけた。

 この流れを一転させたのが新型コロナウイルスの感染拡大だ。2月頃に感染が広がり始めると、経済の減速懸念から世界同時株安に陥り、日経平均は3月19日の終値で1万6500円台まで急落していた。

 年度末にかけて各国の大規模な経済対策への期待が株価を押し上げたが、感染の終息が見通せず、相場の重しとなっている。

無断転載禁止
1139841 0 経済 2020/03/31 15:09:00 2020/03/31 21:45:21 2020/03/31 21:45:21 日経平均株価の終値が表示されたボード(31日午後4時12分、東京都中央区で)=松本剛撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200331-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ