「5G」主導権争いに対応…国家安保局に「経済班」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は1日、内閣官房の国家安全保障局に、経済安全保障政策の司令塔となる「経済班」を設置した。約20人体制で発足し、先端技術の流出防止や海洋権益の確保などに首相官邸主導で取り組む。新型コロナウイルスの感染拡大による経済活動への影響にも対処する。

 経済班は、経済分野の国家安全保障上の課題について、政策の企画立案や関係省庁の総合調整を担う。具体的には、▽国内の大学や研究機関が持つ軍事転用可能な先端技術の保護・育成▽外国企業による買収・投資の審査▽次世代通信規格「5G」を巡る国際的な主導権争いなどへの対応――といった課題に取り組む。

 米国と中国による技術覇権争いが激化する中、米国と協調して経済安全保障政策を強化する方針だ。

 国家安全保障局は内閣の国家安全保障会議(NSC)の事務局で、班を増設するのは2014年1月の発足以来初めて。既存の地域別の「政策班」や「戦略企画班」、「情報班」などと合わせ、7班体制となる。

 経済班のトップは、経済産業省出身の藤井敏彦内閣審議官が務める。課長級の内閣参事官ポストは4人で、総務、外務、財務、警察各省庁の出身者を起用した。

無断転載禁止
1142055 0 経済 2020/04/01 13:52:00 2020/04/01 13:52:00 2020/04/01 13:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ