女子専門校生「出かける先は繁華街しかない」…自粛強化の夜、歌舞伎町に若者の姿も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

閑散とした新宿ゴールデン街(3月31日午後9時21分、新宿区で)
閑散とした新宿ゴールデン街(3月31日午後9時21分、新宿区で)

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京都の小池知事が夜間外出自粛を要請して1日で1週間となる。この間、接客を伴う飲食店での感染事例の多発も報告され、都内各地の盛り場からはにぎわいが消える一方だ。「補償はどうなるのか」。自粛強化にあえぐ夜の街を取材した。(古和康行、吉田拓矢)

 居酒屋やバー、スナックなどが軒を連ねる新宿区の「新宿ゴールデン街」。普段の年度末は大勢のサラリーマンらでにぎわうが、今年の夜は人影もまばらだった。

 小池知事が、週末の不要不急の外出や、平日夜の飲食を伴う会合の自粛を要請したのは3月25日。ゴールデン街のほぼ中心にある居酒屋「トトバー」では、週末の売り上げが平時の3割弱に落ち込んだ。31日午後7時頃に店をのぞいてみたが、客はゼロ。「きのうは1万円にも達していない」。スタッフの男性(29)はぶぜんとした様子で明かし、「店を休んでも補償がなければ、生活は立ち行かなくなる」と不満をぶちまけた。

 最近まで通りは外国人客が大勢歩いていたが、今は夜が深まっても人が増える気配はない。横浜市戸塚区の会社員男性(48)は「飲んで帰ることもあるけど、今は早く家に帰りたい」と急ぎ足で通り過ぎた。

 中高年の利用自粛対象として挙げられたバーやナイトクラブ。ゴールデン街のバー「ハロ」では同日夜、常連客がグラスを傾けていた。店ではアルコール消毒液を置き、客にも席を空けて座るよう勧めてきた。店長(30)は、「店が狭いので対策には限界がある。本当は休みたいが、スタッフの雇用を維持できるのか……」とため息をついた。

 一方、歌舞伎町では、夜の街に繰り出す若者の姿も。友人と食事に訪れたという港区の女子専門学校生(19)は、「本当はテーマパークに行きたいけど全て閉園している。出かける先は繁華街しかない」と話していた。

 武蔵野市のJR吉祥寺駅北口。飲食店が連なる「ハモニカ横丁」でも不安の声が相次いだ。ある居酒屋は、3月29日の売り上げがいつもの3分の1程度で、15年以上経営してきたという男性(41)は「店をたたむことも考えないと」と嘆いた。

 人的被害許されない

 新宿区の吉住健一区長は31日、夜間から早朝にかけての接客業を営む店舗の利用を自粛するよう呼びかけるコメントを発表し、「未然に防げる災害を予防せずに、人的被害を広げることは許されない」と強調した。

 区によると、感染が確認された区民のうち4分の1程度が、深夜の接客業に関わっているという。

カラオケも閑散…八王子

 八王子市には20を超える大学、短大、高専があり、学生数は約9万5000人にも上る。JR八王子駅と京王八王子駅周辺の繁華街には多くのカラオケ店があり、普段は多くの学生たちでにぎわうが、31日夜にはカラオケ店に入る人の姿は見られなかった。

 午後8時頃、友人と路上で待ち合わせていたアルバイト男性(22)は通りを見て、「コロナの問題が出る以前の半分くらいしか人が歩いていない」とつぶやいた。男性は3月に市内の大学を卒業。在学中は月に2回はカラオケに行っていたが、ここ2か月以上は足が遠のいているという。男性は「密集する空間に恐怖感がある」と話した。

 「3月のお客さんの数は、2月と比べて6割から7割減ってしまった」。あるカラオケチェーン店の男性店長はこぼす。八王子駅近くにあるチェーン店のうち、1店舗は午前5時の閉店時間を、午前0時頃に早めているという。「アルバイトの数も減らしたが、状況は悪化するばかりで先が見えない」。店長の表情は険しかった。

無断転載禁止
1141836 0 経済 2020/04/01 11:59:00 2020/04/01 12:05:59 2020/04/01 12:05:59 人がまばらな新宿ゴールデン街(3月31日午後9時21分、新宿区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200401-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ