3月の国内新車販売9・3%減、新型コロナの影響か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3月の国内新車販売台数は前年同月比9・3%減の58万1438台で、6か月連続で前年を下回った。新型コロナウイルスの影響が、自動車販売の現場にも出始めたとみられる。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した。普通・小型車は10・2%減の37万4955台、軽自動車は7・6%減の20万6483台だった。車種別で前年を上回ったのは、2月にトヨタ自動車とホンダが主力車を刷新した小型乗用車だけだった。

 例年、年度末は販売が増える傾向にあるが、「2月の終わりからショールームの来場者は減っている」(全軽自協)という。新車は納車まで1か月以上かかることが多く、外出自粛による影響は今後、本格的に表れるとの見方もある。

 年度別では、2019年度の販売数は普通・小型車は3年連続で前年度を下回る318万2760台(前年度比4・6%減)、軽自動車も185万5967台(3・5%減)となり、3年ぶりに減少に転じた。

無断転載禁止
1142544 0 経済 2020/04/01 17:56:00 2020/04/01 19:02:35 2020/04/01 19:02:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ