NYダウ終値、過去3番目の上げ幅…死者減で投資家心理改善

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】6日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前週末比1627・46ドル高の2万2679・99ドルだった。上げ幅は過去3番目の大きさとなる。

 トランプ米大統領は5日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なニューヨーク州で1日の死者数が減少したとし、死者数の増加傾向に歯止めがかかることに期待を示した。被害のペースが鈍化するとの期待が広がり、経済への影響について過度に悲観的な見方が和らいだ。

 前週に大きく売られていた航空機大手ボーイングが19%を超える値上がりになったほか、クレジットカード大手アメリカン・エキスプレスも約14%上昇した。

 米市場関係者は「投資家は感染拡大などの動向から、停滞する経済活動がいつ回復に向かうかを見極めようとしている。感染の状況に株価が左右される状況は今後も続く」と話した。

無断転載禁止
1151941 0 経済 2020/04/07 05:45:00 2020/04/07 11:50:42 2020/04/07 11:50:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ