三菱自、国内全3工場で6500人「一時帰休」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱自動車は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、操業を停止する工場の従業員を一時的に休職させる「一時帰休」とする。対象は国内全3工場の約6500人。給与の大半は支給される見通しだ。

 最大拠点の水島製作所(岡山県倉敷市)は3月27日から軽自動車などの生産を止め、今月23日まで続ける。スポーツ用多目的車(SUV)などを生産する岡崎製作所(愛知県岡崎市)は9~17日、子会社「パジェロ製造」(岐阜県坂祝町)は13~30日、休止する予定にしている。

 日産自動車も、栃木工場(栃木県上三川町)と子会社の日産自動車九州(福岡県苅田町)の工場で設ける稼働停止日については、従業員を一時帰休とする方向で検討している。追浜工場(神奈川県横須賀市)では、生産を停止中も従業員は設備の点検などにあたり、一時帰休はしない予定だ。

無断転載・複製を禁じます
1155172 0 経済 2020/04/08 17:51:00 2020/04/08 19:07:08 2020/04/08 19:07:08

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ