銚子電鉄、存続の危機…乗客8割減・2駅で窓口業務休止

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

乗客が大幅に減少し、約3割の列車を運休した銚子電鉄。夕方の列車内でも空席が目立つ(15日午後、千葉県銚子市で)=鈴木毅彦撮影
乗客が大幅に減少し、約3割の列車を運休した銚子電鉄。夕方の列車内でも空席が目立つ(15日午後、千葉県銚子市で)=鈴木毅彦撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、千葉県銚子市の銚子電鉄が列車の本数を約3割減らして運行している。乗客数も落ち込んでおり、経営難が続く同社は「一日も早く収束してほしい」と願うばかりだ。

 銚子電鉄は、銚子駅から外川とかわ駅までの6・4キロをつなぐローカル線。上下計48本を運行していたが、千葉県を含む7都府県を対象に緊急事態宣言が発令されて乗客が減ったことを受け、今月11日に朝夕を中心に計14本の運休に踏み切った。

 同社によると、乗客数は昨年同時期に比べて8割ほど減少。5駅ある有人駅のうち、2駅の窓口業務を15日から休止した。同社の担当者は「このままでは会社の存続も危ぶまれる」と不安を語った。

無断転載禁止
1173535 0 経済 2020/04/18 10:59:00 2020/04/18 10:59:00 2020/04/18 10:59:00 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、約3割の列車を運休した銚子電鉄。夕方の列車内でも空席が目立つ(15日午後4時56分、千葉県銚子市で)=鈴木毅彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200418-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ