読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

オムロン「中興の祖」、立石義雄元社長が死去…新型コロナ陽性

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オムロン元社長(現名誉顧問)で、京都商工会議所前会頭の立石義雄(たていし・よしお)氏が21日未明、死去した。80歳だった。立石氏は、新型コロナウイルスに感染し、今月5日から入院していた。告別式は近く、近親者で執り行う。喪主は長男、郁雄氏。

 立石氏は大阪府出身で、創業者の立石一真氏の三男。1962年に同志社大経済学部を卒業後、立石電機(現オムロン)に入社。87年から2003年まで社長を務め、積極的な海外展開で売り上げを倍増させるなど業績を拡大させ、同社の「中興の祖」と呼ばれた。07年から5期にわたって京都商工会議所の会頭を務め、今年3月に退いたばかりだった。

 立石氏は、今月1日に倦怠けんたい感を訴え、2日に発熱。5日に医療機関を受診し、肺炎が確認された。6日に新型コロナウイルスの陽性と判定され、治療を続けていた。

無断転載・複製を禁じます
1177908 0 経済 2020/04/21 11:26:00 2020/04/21 14:33:55 2020/04/21 14:33:55

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)