タクシーで食料品の宅配可能、国交省が特例措置

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、タクシーの利用者が急減していることを受け、国土交通省は21日、タクシーで飲料や食料品を宅配できるようにすると発表した。5月13日までの特例措置で、同省の許可を受ければ荷物を運ぶことができる。業績が急速に悪化しているタクシー事業者を支援するとともに、宅配需要の増加に対応する。

 個人タクシーを含む全国のタクシー事業者が対象となる。各地の運輸局で21日から申請を受け付けており、2日程度で許可が出る。基本的に各事業者の営業エリアで飲食店の依頼を受け、飲食料品を車のトランクに入れて配達する。料金はタクシー事業者と飲食店が決める。

 本来、宅配には一般貨物自動車運送事業の許可が必要だが、手続きに時間がかかる。道路運送法で、「やむを得ない場合」に自家用車にも有償運送を認めるとの規定を利用し、客を乗せない代わりにタクシーを自家用車として扱うことで宅配を可能とした。

無断転載・複製を禁じます
1179207 0 経済 2020/04/21 21:41:00 2020/04/21 21:41:00 2020/04/21 21:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ