任天堂の「ネットワークID」に不正にログイン、全世界で16万件の被害

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 任天堂は24日、家庭用ゲーム機のネットワークサービスが不正にログインされたと発表した。被害は全世界で約16万件に及び、生年月日やメールアドレスなどの個人情報が流出したほか、ゲームソフトなどが不正に購入された恐れがある。

 任天堂によると、不正ログインが判明したのは、ゲーム機「Wii U」などで使われる「ニンテンドーネットワークID」。4月上旬から不正ログインが増え、このIDを経由して、「ニンテンドースイッチ」などで使われる一部IDでもログインされたケースがあった。利用者から「身に覚えのない購入履歴がある」などの相談があったといい、関連を調べている。

 過去にネット上に流出したIDやパスワードなどを入手し、第三者が本人になりすまして接続を試みる「リスト型攻撃」にあったとみられる。任天堂は、不正ログイン被害を受けたIDのパスワードをリセットし、本人にメールで連絡する。

無断転載・複製を禁じます
1185412 0 経済 2020/04/24 22:32:00 2020/04/24 22:32:00 2020/04/24 22:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ