女性に人気のカプセルホテル、「ファーストキャビン」破産申請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民間信用調査会社の東京商工リサーチは24日、全国でカプセルホテルを運営する「ファーストキャビン」(東京都千代田区)が東京地裁に破産を申請したと発表した。負債総額は約11億円。新型コロナウイルスの感染拡大で国内外からの客足が激減していた。

オミクロン株の新系統「BA・2・12・1」、大阪で初確認…軽症の50代男性

 ファーストキャビンは2006年の創業。航空機のキャビンをイメージしたカプセルホテルが話題となり、女性客らの支持を集めていた。訪日外国人観光客の利用も多く、フランチャイズ形式を中心に東京や大阪など各地に20店舗以上を展開していた。

 ただ、近年は競争激化により財務状況が悪化。4月7日に緊急事態宣言が出されて以降は一部ホテルを休業していた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1187602 0 経済 2020/04/26 17:14:00 2020/04/26 22:41:32 2020/04/26 22:41:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)