女性に人気のカプセルホテル、「ファーストキャビン」破産申請

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 民間信用調査会社の東京商工リサーチは24日、全国でカプセルホテルを運営する「ファーストキャビン」(東京都千代田区)が東京地裁に破産を申請したと発表した。負債総額は約11億円。新型コロナウイルスの感染拡大で国内外からの客足が激減していた。

 ファーストキャビンは2006年の創業。航空機のキャビンをイメージしたカプセルホテルが話題となり、女性客らの支持を集めていた。訪日外国人観光客の利用も多く、フランチャイズ形式を中心に東京や大阪など各地に20店舗以上を展開していた。

 ただ、近年は競争激化により財務状況が悪化。4月7日に緊急事態宣言が出されて以降は一部ホテルを休業していた。

無断転載・複製を禁じます
1187602 0 経済 2020/04/26 17:14:00 2020/04/26 22:41:32 2020/04/26 22:41:32

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ