「日韓露」つなぐ唯一の航路廃止、累積赤字41億円…一度も黒字化できず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 鳥取県は30日、韓国企業「DBSクルーズフェリー」が境港と韓国・東海トンヘ、ロシア・ウラジオストクを結ぶ環日本海定期貨客船の運航免許を韓国当局に返納し、航路が廃止されたと発表した。県などは航路の維持に6億円以上の公費を投じてきた。

G7、ロシア制裁に加わらぬ招待5か国に秋波送るが…対露での温度差埋まらず協力範囲未知数

 県通商物流課によると、返納は27日付。県に対し、同社日本支社(境港市)が「新型コロナウイルスの影響で今後の見通しが立たない」と認めた。事実上の廃業とみられる。

 定期貨客船は観光・物流の活性化の期待を背負い、2009年6月に就航した。だが、一度も黒字化できないまま、日韓関係の悪化で19年11月から休航した。

 累積の営業赤字は約470億ウォン(約41億円)。県や境港、米子、松江市などが運航経費に対して行ってきた補助も計6億7400万円に及ぶ。さらに、県などが境港市に約20億円かけて貨客船ターミナルを整備し、4月11日にオープンしたばかりだった。

 同課は、韓国内で事業の継承先を探す水面下の動きがあるとしているが、実現のメドは立っていない。山本桂司課長は「日韓露3か国をつなぐ唯一の貨客船で、鳥取にとっても重要な航路だ。親会社などと連絡を取り合い、情報収集を進める」と話した。

 運航免許の返納を受け、平井知事は「誠に残念だ。地元関係者らに働きかけ、『海の道』再開に最大限の努力をしたい」、境港市の中村勝治市長は「県や中海・宍道湖・大山圏域市長会など関係機関と運航再開に向け連携する」とのコメントをそれぞれ出した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1197347 0 経済 2020/05/01 09:59:00 2020/05/01 09:59:00 2020/05/01 09:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)