読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米ユナイテッド航空の赤字1800億円…CEO「航空史上、最悪の危機だ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米ユナイテッド航空が4月30日発表した2020年1~3月期決算は、最終利益が17億400万ドル(約1800億円)の赤字だった。前年同期は2億9200万ドルの黒字だった。新型コロナウイルスの感染拡大による渡航制限や旅客需要の減少が響き、アメリカン航空グループ、デルタ航空をあわせた米航空大手3社は1~3月期にそろって赤字に陥った。

 ユナイテッドの売上高は前年同期比17%減の79億7900万ドル(約8500億円)。旅客収入が19%減と大きく落ち込んだ。5月には輸送能力を90%削減するとしており、今後も厳しい経営環境が続く。オスカー・ムニョス最高経営責任者(CEO)は声明で「航空史上、最悪の危機だ」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1197531 0 経済 2020/05/01 10:51:00 2020/05/01 13:36:44 2020/05/01 13:36:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)