群馬のパチンコ店が破産手続き開始…臨時休業で経営圧迫、事業の継続断念

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 帝国データバンク群馬支店は1日、県内でパチンコ店を経営する「有楽商事」(沼田市下久屋町)が、東京地裁から4月30日付で破産手続きの開始決定を受けたと発表した。負債額は約31億4800万円。

物価高に苦慮する「子ども食堂」…食材・弁当用容器が高騰、ニーズ高い夏休みの活動に打撃

 同支店と県遊技業協同組合によると、同社は1964年の創業。沼田市で3店舗、中之条町で1店舗を展開していた。

 2004年には年間97億5000万円を売り上げていたが、少子高齢化や他店舗との競争激化で業績は悪化。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う県の利用自粛要請を受け、4月14日から全店舗を臨時休業したことも経営を圧迫し、事業の継続を断念した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1199542 0 経済 2020/05/02 05:00:00 2020/05/02 20:30:18 2020/05/02 20:30:18

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)