経団連、事業再開指針を14日までに策定・公表…「各界実情に応じ細分化」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

西村経済再生相らとのテレビ会議に臨む経団連の中西宏明会長(5日、東京都千代田区で)=代表撮影
西村経済再生相らとのテレビ会議に臨む経団連の中西宏明会長(5日、東京都千代田区で)=代表撮影
西村経済再生相らとのテレビ会議終了後、記者団の取材に応じる経団連の中西宏明会長(5日、東京都千代田区で)
西村経済再生相らとのテレビ会議終了後、記者団の取材に応じる経団連の中西宏明会長(5日、東京都千代田区で)

 経団連の中西宏明会長は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止しながら事業活動を再開するため、ガイドライン(指針)を14日までに策定し、公表する方針を示した。東京都内で西村経済再生相らとのテレビ会議に臨んだ後、記者団に明らかにした。

 中西氏は「一通り傘をかぶせるようなガイドラインを作った後、各業界の実情に応じてブレイクダウン(細分化)しなければならない」と述べ、経団連としての全般的な指針だけでなく、業種や施設ごとの指針をまとめる必要があるとの考えを示した。

 一方、テレビ会議には中西氏や西村氏、日本商工会議所の三村明夫会頭、経済同友会の桜田謙悟代表幹事が参加した。西村氏は、経済界に指針の作成を要請したほか、テレワークや時差出勤、出勤の削減などで人と人の接触を減らすことにも協力を求めた。

 中西氏ら経済団体トップの3人は、緊急事態宣言の延長を支持する考えを表明した。三村氏は、中小事業者への給付金支給手続きの簡素化を求めた。桜田氏は、緊急事態宣言を解除する基準となる数値や目安を具体化するよう要望した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1204063 0 経済 2020/05/05 20:22:00 2020/05/05 21:27:45 2020/05/05 21:27:45 西村経済再生相らとのテレビ会議に臨む経団連の中西宏明会長(代表撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200505-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)