消毒液用のアルコール度数高い酒、高値転売横行…メルカリとヤフオク!が出品禁止に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、消毒液として使用されるようになったアルコール度数の高い酒について、大手フリマアプリ「メルカリ」とインターネットオークション「ヤフオク!」が出品禁止を発表した。高値転売が横行しているが、無免許での転売は酒税法に抵触するおそれがあり、国税庁が事業者に対策を求めていた。

 メルカリは2日、「医療機関や医療関係者に影響を及ぼすおそれがある」として、酒を含む高濃度エタノール製品のほか、精製水や医療用ガウンなどの出品を禁止した。「ヤフオク!」を運営するヤフーも4日、高濃度エタノール製品と除菌シートなどについて、オークション形式での出品を禁止すると発表した。

 アルコール度数の高い酒を巡っては、厚生労働省が3月、不足する消毒用アルコールの代用としての使用を認めることを都道府県などに通達。各地の酒造業者が消毒用としての酒の販売を開始すると、直後からネット上で定価の数倍で転売されるようになっていた。

無断転載・複製を禁じます
1209998 0 経済 2020/05/09 18:19:00 2020/05/09 18:19:57 2020/05/09 18:19:57

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ