カーナビの目的地、「コストコ」1位に…「自粛の効果」と分析

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経路検索大手「ナビタイムジャパン」(東京都)は、同社のカーナビゲーションアプリ利用者が検索した埼玉県内の目的地を分析した。5月第1週(4月26日~5月2日)の検索回数1位は会員制大型スーパー「コストコ新三郷倉庫店」(三郷市)で、5位までを大型家具店やホームセンターが占めた。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するまで商業施設や観光地が上位を占めていた目的地は、生活必需品の店へと様変わりした。

 1月下旬から1週間ごとにアプリの検索結果を集計し、検索回数が多かった上位20位の施設や場所を調べた。

 通常時は大型商業施設「三井アウトレットパーク入間」(入間市)や「ららぽーと富士見」(富士見市)、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)が検索上位の常連だが、3月下旬頃からスーパーやホームセンターの順位が上昇し始めた。

 桜の名所である幸手権現堂桜堤(幸手市)や三峯神社(秩父市)も順位が上がっていたが、4月7日に緊急事態宣言が発令された後の4月第3週(12日~18日)は、10位までのほとんどをスーパーやホームセンターが占めた。

 同社は「緊急事態宣言後に大型商業施設や観光地が閉鎖し、生活必需品を求めた人たちが車で移動した様子が分かる。自粛の効果がでている」と分析している。

無断転載禁止
1213105 0 経済 2020/05/11 13:13:00 2020/05/11 15:36:33 2020/05/11 15:36:33

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ