JR東の役員100人、報酬を1割自主返納…社員の夏のボーナス「なかなか厳しい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本は12日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化していることを受け、5~7月の3か月間、役員報酬を10%自主返納すると発表した。

 対象は深沢祐二社長を含む常勤取締役と常勤執行役員計55人と、グループ会社の社長45人の計100人。JR東の常勤役員は6月の業績連動報酬も大幅に減額される予定で、年収ベースで15%程度の減収になる見込みだという。

 一般社員の夏季の賞与についても、深沢社長は12日の記者会見で「毎年業績に基づいて決めており、なかなか厳しい数値になるのではないか」との見通しを述べた。

 JR東の2020年1~3月期連結決算は、最終利益が530億円の赤字だった。緊急事態宣言の発令以降、利用はさらに低迷しており、4月は鉄道事業で約1000億円の減収が見込まれる。

無断転載・複製を禁じます
1216724 0 経済 2020/05/12 22:45:00 2020/05/12 22:45:00 2020/05/12 22:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ