スタバ、850店舗で営業再開…8都道府県では大半が持ち帰りのみ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スターバックスコーヒージャパンは19日、新型コロナウイルスの感染拡大で休業していた13都道府県の約850店舗で、営業を再開した。このうち、緊急事態宣言が続く8都道府県の店舗の大半は当面の間、持ち帰りのみで午後7時までの営業とする。そのほかの地域では店内飲食もできる。

11万2千人分のワクチン接種者氏名や病歴など流出の恐れ、岐阜の病院に不正アクセス
営業を再開したスターバックスコーヒーの東京都内の店舗(=スターバックスコーヒージャパン提供)
営業を再開したスターバックスコーヒーの東京都内の店舗(=スターバックスコーヒージャパン提供)

 スタバでは4月以降、13都道府県で営業を取りやめ、その他の地域では店内飲食を中止し、持ち帰りのみで営業してきた。

 全国約1550店舗のうち約350店舗は、入居する商業施設の都合などで、休業を続ける。

 感染を防ぐために、店では座席の間隔を広げるなどしたほか、トイレの利用を休止し、混雑時は入店を制限するという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1228111 0 経済 2020/05/19 10:44:00 2020/05/19 10:44:00 2020/05/19 10:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200519-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)