東電が料金過大請求865件、総額443万円…4月3日から今月4日にかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京電力エナジーパートナーは20日、電気料金の誤請求が計865件あったと発表した。4月3日から今月4日にかけて、電気料金のプランを変更したり、契約を解約した顧客の一部で、通常よりも多く料金を請求した。過大請求の総額は約443万円に上る。

 東電によると、契約をシステムで登録する作業に誤りがあり、顧客の一部で二重に料金が請求される事態になったという。対象者には連絡し、返金する。同社は「深くおわびする。関係者に周知徹底を図り、再発防止に取り組む」としている。

無断転載・複製を禁じます
1231227 0 経済 2020/05/20 21:19:00 2020/05/20 21:19:00 2020/05/20 21:19:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ