4月消費者物価指数、0・2%下落…3年4か月ぶりのマイナス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省が22日発表した4月の全国消費者物価指数(2015年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合で101・6と、前年同月より0・2%下落した。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に原油安が進み、エネルギー関連製品が値下がりした。訪日客の減少で、ホテル代などの宿泊料も下落した。

 物価指数がマイナスになるのは原油安の影響があった2016年12月以来、3年4か月ぶり。

 エネルギー関連製品では、原油価格の影響を受けやすいガソリンが9・6%下落し、灯油は9・1%下落した。電気代(2・7%下落)や都市ガス代(3・6%下落)なども軒並み下落した。

 渡航制限や外出自粛による訪日客や国内旅行客の減少で、ホテル代などの宿泊料が7・7%下落した。冠婚葬祭やイベントの自粛で需要が減少し、切り花も1・9%下落した。

 4月から低所得世帯を対象とした高等教育の無償化が始まり、私立大学の授業料が4・3%下落したことも影響した。

 一方、全国的な品薄が続いているマスクは5・4%上昇した。

無断転載禁止
1233881 0 経済 2020/05/22 08:41:00 2020/05/22 14:54:01 2020/05/22 14:54:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ