解雇・雇い止め1万人突破…外国人観光客の減少で打撃の宿泊業、旅客運送業など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 加藤厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、解雇・雇い止めされた労働者が、21日時点で1万835人(見込みを含む)に達したことを明らかにした。

 厚生労働省がハローワークを通じて行った集計によると、3月は835人、4月は2654人、5月は21日までで7064人と急増している。外国人観光客の減少などにより打撃を受けている宿泊業、旅客運送業のほか、飲食業、製造業が多い。

 同省は、雇用調整助成金の上限額引き上げなど、雇用維持に取り組む企業向けの支援を強化している。大規模な解雇の情報があれば企業に直接出向き、助成金活用などを促しているという。加藤厚労相は「リアルタイムでの状況把握に努め、企業ごとに、積極的に雇用維持の働きかけを図っていきたい」と述べた。

無断転載禁止
1234132 0 経済 2020/05/22 11:24:00 2020/05/22 11:24:00 2020/05/22 11:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ