オリエンタルランド、2000億円の融資枠設定する契約

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドが、みずほ銀行など複数の金融機関と計2000億円の融資枠を設定する契約を結んだことがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大で、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが2月下旬以降、休園しており、手元資金を厚くして、厳しい経営環境に備える。

 融資枠は、あらかじめ決められた範囲内で、通常は必要な審査を経ずに融資を引き出せる仕組みだ。広報担当者は「当面は手元資金で問題ない」と話している。

 2020年3月期連結決算は、最終利益が前期比31・1%減の622億円だった。再開時期は、自治体の休業要請が解除された後に検討する方針だ。18日以降は約5400人の社員らを対象に、月4回を休業日として、賃金の一部を支払う一時帰休の実施に踏み切った。

無断転載禁止
1234904 0 経済 2020/05/22 19:16:00 2020/05/22 21:12:42 2020/05/22 21:12:42

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ