【独自】三菱ジェット開発縮小、人員半減も視野…コロナで打撃

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱重工業は、国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の開発体制を大幅に縮小させる検討に入った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で開発のさらなる遅れが見込まれ、開発子会社の三菱航空機(本社・愛知県)の人員を大幅に削減する。

 関係者によると、三菱航空機で開発・製造にあたる従業員約2000人のうち、一部を関連会社などに配置転換させる方向だ。報酬水準の高い外国人社員なども単年度の契約を更新せず、従業員を半数近くまで減らすことも視野に入れる。

 現在、90席タイプの機体は開発の最終段階だが、日米両国で実施している飛行試験は一時中断し、量産化に向けた生産スケジュールも遅らせる。さらに将来的に主力機と位置づける70席タイプも、開発を当面見合わせる方向だ。

 スペースジェットの初号機納入は、当初予定の2013年から6度の延期を経て「21年度以降」に先送りされている。親会社の三菱重工が今月11日に発表した20年3月期連結決算は、開発の遅れなどから多額の損失を計上し、本業のもうけに当たる事業損益は20年ぶりの赤字となった。今期は開発費を従来の半分程度の約600億円に減らす方針も明らかにしている。

無断転載禁止
1236010 0 経済 2020/05/23 05:00:00 2020/05/23 07:16:43 2020/05/23 07:16:43

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ