マクロン氏「仏自動車業界はより環境に優しく」…80億ユーロ支援を表明

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】フランスのマクロン大統領は26日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた仏自動車業界に対し、総額80億ユーロ(約9400億円)を支援すると表明した。引き換えに仏国内への生産回帰を求め、自動車産業の雇用維持を図る。

 仏自動車メーカーの環境性能車の開発を後押しするほか、デジタル化や生産自動化などを進めるため10億ユーロ弱の基金を創設する。電気自動車(EV)の普及拡大のため、消費者への購入補助金を7000ユーロ(約82万円)に引き上げる。

 マクロン氏は26日の声明で、「今回の支援策で、フランスの自動車業界はより環境に優しくなり、競争力も高められる」と述べた。

 ルノーなど仏自動車メーカーは、新型コロナによる生産停止や需要低迷で業績が大幅に悪化しており、生産能力の縮小など合理化が避けられない見通しだ。

無断転載禁止
1243258 0 経済 2020/05/27 10:17:00 2020/05/27 10:17:00 2020/05/27 10:17:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ