生保大手4社、減収…有価証券評価損は前期の8・6倍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 生命保険大手4社の2020年3月期決算が28日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大などによる金利の低下を受け、全社で売上高にあたる保険料等収入が減少した。

 各国中央銀行の利下げなどで海外の長期金利が大幅に低下し、外貨建て債券で運用する外貨建て保険の販売が大きく落ち込んだ。これが響き、各社の保険料等収入は5~8%台の減少となった。

 本業のもうけを示す基礎利益も日本生命保険、第一生命ホールディングス、住友生命保険の3社が減益となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大で運用環境も厳しくなっており、4社の有価証券評価損は合計で約4400億円となり、前期の8・6倍となった。

無断転載・複製を禁じます
1246729 0 経済 2020/05/28 18:34:00 2020/05/28 18:34:00 2020/05/28 18:34:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ