「3~5年で店舗の事務作業ゼロに」…りそなHD・南社長、コロナで営業強化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 りそなホールディングス(HD)の南昌宏社長が読売新聞のインタビューに応じ、「今後3~5年をめどに、店舗などでの事務作業をゼロに減らしたい」と述べた。デジタル化の推進で事務部門の担当者を減らす一方、営業部門などに配置転換し、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむ企業への支援を強化する。

「屋外・会話なし」マスク不要、政府見解きょうにも発表…電車やバスでは着用 

 りそなHDでは、顧客が記入した口座開設申し込みの書類などを管理する事務部門に、全従業員の3分の1にあたる1万人超を配置している。今後、店舗のタブレット端末で顧客に入力してもらう機会を増やしたり、スマートフォンのアプリを通じた手続きを勧めたりして、事務作業を減らしたい考えだ。

 南氏は「営業担当者を増やすことで顧客との接点を増やし、新型コロナウイルスで影響を受けた顧客の相談にきめ細かく対応していく」と話した。中小企業の事業承継や合併・買収(M&A)の相談業務なども強化する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
1261544 0 経済 2020/06/05 19:56:00 2020/06/05 19:56:00 2020/06/05 19:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)