【独自】ハリポタ施設「スタジオツアー型」、映画のセットや衣装展示…としまえん跡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 閉園が決まった東京都練馬区の都市型遊園地「としまえん」の跡地にオープンする予定の「ハリー・ポッター」のテーマパークについて、一帯を公園として整備する東京都と練馬区、施設を運営する米映画大手のワーナー・ブラザースなどが12日にも覚書を締結し、事業を開始する見通しとなった。テーマパークは「スタジオツアー型」で、2023年春の開園を目指す。

12日にも覚書

 複数の関係者によると、ワーナーなどが敷地の東側に開園させるのは、映画や小説で世界的に人気がある「ハリー・ポッター」の映画撮影に使われたセットや、衣装などの小道具を見られるテーマパークで、英ロンドンの屋内スタジオツアー型施設と同様のものとなる。

 覚書では、再整備計画について、水と緑の環境づくり、にぎわいの創出のほか、広域防災拠点の確保を目指して都やワーナーなどが相互に協力を図ることが盛り込まれる。

 一帯が「都立練馬城址じょうし公園」として整備され、敷地の西側には、災害時に帰宅困難者らを収容できる公園ができる。都は用地取得と整備費として計約800億円をかけて21年度から公園整備を始め、施設の開業に合わせて23年度に一部を開放。30年度までに段階的に開園させていく予定だ。

 敷地の地上部には、南北に3本と、東西に流れる石神井川沿いに「園路」も整備し、災害時には緊急車両の進入路とする計画だ。

無断転載・複製を禁じます
1262074 0 経済 2020/06/06 05:00:00 2020/06/06 08:23:33 2020/06/06 08:23:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200606-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ