青年海外協力隊、コロナ拡大で2000人が国内待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、途上国の開発支援に取り組む「青年海外協力隊」の隊員約2000人が日本にとどまる状態となっている。隊員が日本国内で待機中に技能や社会貢献への意欲を生かせるよう、国際協力機構(JICA)は、国内で行える活動の情報提供を進めている。

 JICAは3月以降、76か国で活動していた約2000人の隊員全員を帰国させた。このうち約1700人は現在も任期途中で、再赴任を待っている。また、日本での訓練を終えて4~5月に派遣予定だった隊員約300人も、国内で待機している。

 隊員は2年間の活動のために離職するなどしており、期間が短縮されたり派遣が中止になったりすると、その後の再就職に影響することが懸念されている。JICAでは、隊員に日本国内で取り組める活動を促す方針だ。すでに、人手不足に苦しむ農家の支援など、具体的な活動が始まったケースもある。

無断転載禁止
1263446 0 経済 2020/06/07 00:12:00 2020/06/07 00:12:00 2020/06/07 00:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ