読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

お中元にマスクはいかが?…予約激減のホテル従業員、のし紙貼り

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「お中元マスク」の包装作業を行うホテルの従業員たち(10日午後、栃木県那須町の「ホテルブランヴェール那須」で)=菅野靖撮影
「お中元マスク」の包装作業を行うホテルの従業員たち(10日午後、栃木県那須町の「ホテルブランヴェール那須」で)=菅野靖撮影

 お中元の贈答品にタオルでなく、マスクはいかが? 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、栃木県那須町のリゾートホテルでは、従業員たちがマスク5枚が入った箱に「中元」と書かれたのし紙を貼る作業に追われている。

 マスク販売も手がけるホテル備品会社「三和」(東京)が経営するホテルでは、宿泊の予約が激減。従業員たちは、空いた時間をマスクの包装作業に充てている。

 1箱300円で主に企業から100箱単位で注文を受け付ける。同社の施盛大しせいだい社長(55)は「夏のあいさつ回りでマスクを役立ててもらえたら」と話している。

無断転載・複製を禁じます
1270534 0 経済 2020/06/11 00:04:00 2020/06/11 00:04:00 2020/06/11 00:04:00 マスク5枚入り「お中元マスク」の包装作業を行うホテルの従業員たち(10日午後、栃木県那須町の「ホテルブランヴェール那須」で)=菅野靖撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200610-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)