読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日航、6月後半の減便率縮小し54%に…移動自粛緩和で需要回復見込む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本航空は10日、6月15~30日の国内線について、当初計画比で54%を減便すると発表した。6月前半には70%超の減便を行ったが、同月19日から都道府県をまたぐ移動自粛が緩和されるため、需要回復が進むと見込んで減便率を縮小する。

 15日から羽田や伊丹空港を発着する便を中心に15路線を再開する。国際線は入国制限が続いているため、6~7月も90%以上を減便する。全日本空輸も、国内線の減便率を5月の約85%から6月は約70%に縮小している。

無断転載・複製を禁じます
1270134 0 経済 2020/06/10 20:58:00 2020/06/10 20:58:00 2020/06/10 20:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)