読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

FRB、ゼロ金利と量的緩和を継続…コロナ対応改めて示す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山内竜介】米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、事実上のゼロ金利政策を2022年まで維持する見通しを示した。市場から米国債などを買い入れる「量的緩和」も継続する。

 声明文は、新型コロナウイルスの感染拡大が「全世界に多大な困難をもたらしている」と強い懸念を示し、あらゆる政策手段を活用して対応する姿勢を改めて示した。

 事実上のゼロ金利政策に関しては、「物価安定などの目標を達成する軌道に乗っていると確信するまで、維持する」と改めて明記した。FOMC参加者17人のうち、15人が22年までゼロ金利政策が続くとの見通しを示した。

無断転載・複製を禁じます
1270717 0 経済 2020/06/11 03:15:00 2020/06/11 04:04:09 2020/06/11 04:04:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)