サイバー攻撃受けたホンダ、世界の工場復旧

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ホンダは12日、サイバー攻撃で停止していた世界各地の工場が、全て復旧したことを明らかにした。顧客の個人情報や開発技術などの機密情報の流出は確認されていないという。

 障害は8日午前に確認され、北米やトルコ、ブラジル、インドで工場を停止した。日本でも完成車の検査システムが不調になり、出荷を一時、見合わせた。社内ネットワークを通じてウイルスが拡散し、生産管理システムなどにも影響が及んだ。

 外部からのサイバー攻撃が原因に挙がっており、パソコンなどを使用不能にさせ、復旧の見返りに金銭を要求する「ランサム(身代金)ウェア」と呼ばれるコンピューターウイルスが使われたとみられる。

 順次、復旧を進め、残っていた米オハイオ州の四輪車工場も11日に完全に回復した。生産の遅れは挽回できるため、事業への影響は限定的だが、安全対策としてパソコンの多くを初期化する必要があり、一部のデータは失われた。

 ホンダでは2017年にも、パソコンがランサムウェア「ワナクライ」の被害に遭い、国内の一部工場を停止したことがある。

無断転載禁止
1274418 0 経済 2020/06/12 21:39:00 2020/06/12 21:39:00 2020/06/12 21:39:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

東京都知事選2020特集ページ
一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ