苦境の山小屋を救え、愛好家が支援の輪…「ファンの存在が勇気くれる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

営業自粛で登山客がいない、今年5月の黒百合ヒュッテ(米川さん提供)
営業自粛で登山客がいない、今年5月の黒百合ヒュッテ(米川さん提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大による登山自粛の影響で、各地の山小屋の運営が苦境に立たされている。登山者の安全確保の役割も担う山小屋を支えようと、登山愛好家らがインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングを企画。登山マップアプリの運営会社「YAMAP(ヤマップ)」(福岡市)の春山慶彦社長(39)が呼びかけたプロジェクトには13日午後1時現在、4944人から、目標金額の20倍以上の約4508万円が集まり、支援の輪が広がっている。(木下倫太朗)

黒百合ヒュッテを訪れる登山客ら(米川さん提供)
黒百合ヒュッテを訪れる登山客ら(米川さん提供)

 山小屋は、登山者が休憩したり泊まったりする拠点で登山道の維持管理や遭難者の救助なども行っている。ほとんどが民間経営で、登山客の宿泊料などが収入源だが、今年の大型連休は全国で緊急事態宣言が発令され、多くが営業を自粛。登山客も激減し、維持や運営に苦しむ山小屋が増えた。

春山慶彦さん
春山慶彦さん

 そこで、自身も登山愛好家の春山さんは、社員有志らと「#山小屋支援プロジェクト」と名付けたクラウドファンディングを5月18日に始めた。期限は6月30日午後11時まで。山小屋から申し出があれば、支援対象としてサイトに登録する仕組みで、12日現在、全国58か所の山小屋が登録されている。このうち約8割は民間経営で、残りは自治体などが運営している。

 寄付には二つのコースがあり、山小屋名を指定して寄付をすることもできる。指定しないコースもあり、集まった金額は各施設の状況に応じて優先度を決めて配分する予定。春山さんは「どう配分するかはみんなで話し合い、内容はネットに発信したい」とし、支援金を夏の登山シーズンまでに渡したい考えだ。

     ◇

 遭難者が出た場合に救助の拠点となる山小屋もある。

 サイトに登録している秩父多摩甲斐国立公園内の富士見平小屋(山梨県北杜市)は、10人ほどのボランティアによる私設レスキュー隊を組織している。しかし、今年は「山開き」の予定だった4月1日から営業を自粛し、収入はゼロになった。緊急事態宣言の解除後、6月1日に再開したものの、今月の予約は例年の10分の1にとどまり、レスキュー隊の運営費や登山道の維持費に苦しんでいるという。

 小屋を指定した寄付も集まっており、オーナーの相川竜比古さん(43)は、「昔から山でケガをした時はみんなで助け合うと教えられてきた。今、その助けを受けていると実感している」と話す。

 八ヶ岳連峰が望める黒百合ヒュッテ(長野県茅野市)は、標高約2400メートルに位置し、人やヘリで物資を運ぶ。同小屋指定の寄付金も寄せられており、主人の米川岳樹さん(49)は、「ファンの存在が勇気をくれている。感謝の気持ちを伝えたい」と話す。

 「#山小屋支援プロジェクト」は、サイト(https://readyfor.jp/projects/yamagoya)から。春山さんは「寄付を通じて、山小屋と登山者のつながりが強くなればと願う。また、登山者の保護なども担っている山小屋の役割を広く知ってもらいたい」と支援を呼びかける。

登山雑誌出版社も支援

 登山雑誌などを発行している出版社「山と渓谷社」(東京都)も、「山小屋エイド基金」と題したクラウドファンディングを5月18日から始めた。

 同社によると、山小屋の多くは本州の八ヶ岳連峰や日本アルプスなど険しい山に点在し、有人施設だけでも全国に200~300か所あるとみられる。プロジェクトでは、支援を必要とする82か所をリストに掲載して寄付を募っている。九州・山口は比較的標高の低い山が多いため、山小屋は少なく、リストに入っているのは、大分県のくじゅう連山にある「法華院温泉山荘」のみ。

 期限は8月13日まで。同基金には6月13日午後1時現在、6372人から約5784万円が集まっており、目標の300万円を上回っている。寄付額は3000円から100万円まで設定されており、支援対象の山小屋に均等分配する予定。「山小屋エイド基金」はサイト(https://motion-gallery.net/projects/yamagoya-aid)へ。

無断転載禁止
1275529 0 経済 2020/06/13 14:28:00 2020/06/13 14:28:00 2020/06/13 14:28:00 営業自粛で登山客がいない、今年5月の黒百合ヒュッテ(米川さん提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200613-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ